大人って・・・。 CASATI & STORCK で自転車生活

大人の趣味、自転車生活を中心に、あーでもないこーでもないとやっております。

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奮闘!!那須ロングライド2012。

那須ロングライド行って来ました。

ロングライドイベントは概ね100キロですが、ブルベがアレなので個人的にはミドルライドかなぁ。

一緒に出たO先輩には「おかしい」と言われてしまいました。(残念)

で、5時40分O先輩宅集合。

一週間前の天気予報は晴れだったのに朝からどしゃ降りでテンションダウン。

一応9時には止む予報だけど、3月のブルベの「予報が外れてジャジャジャジャーン」があったので、結構疑心暗鬼。

会場までの車内の会話も当然そればっかり。

だって嫌なんだもの。雨。

宇都宮から高速で那須までどーん。会場入りしたら止んでおりまして、一安心。まあ、いつ降りだしてもおかしくない空模様ですが。

受付開始は7時となっていますが、駐車場が最果ての小学校でしてわ、じてこを組み立て、受付して粗品を車に置いてってやっていると、結構ギリギリ。


受付に集う人々。

雨用にネメシスも持参したが、スプロケとブレーキシューを交換している暇はなさそうでして、本当に止んで良かった。


じてこと…。


キャロライン先輩

気がつけばスタート5分前!!

あわてて会場入り。

号砲一発…。とはいかずだいぶ遅くなって予定の8時30分をだいぶすぎてウェーブスタート。


混んどるなァ。

このイベント、何しろエイドが多い。

ブルベの場合PCは50キロ程度の間隔がフツーですが、このコースは10キロ以内に一つはあるんじゃ無かろうか。

ありがたいんだけど…。

ということで第1エイド。9キロ地点!!


とりあえず水だけ貰う。

再出発してO先輩とマイペース二等兵。どれくらい二等兵かというと、周囲にゴボウ抜かれするくらいの見事な二等兵っぷり。

そして13キロ地点で2つ目のエイド(早!!)


あのー、お腹も喉も全く問題無いんですケド…(笑)

当初は何も補給するつもりはなかったのですが、なんかエイド毎に異なる名産品が置いてあって…。コラ!食べちゃうじゃないか♪


このネーミングはいったい…。


しかし!猛烈に旨かった。(おかわり希望)

隣を見るとO先輩がバナナを食べ、きゅうりを食べ、アクエリアスまでもらっている。食べ過ぎじゃあないか?

このペースだと、ゴール時には体重増も夢ではないが、自分的にはやはり痩せて帰りたい。

食事の後は排泄である。
エイドの裏には一面の花畑。晴れだったらさぞやキレイだろうて…。

ということでトイレタイム。


しばらく、こちらの画像でお待ち下さい。

なんだかんだ言って再スタートすると、なんか、だんだん道が登っているような…。

目の錯覚ではない。だって山岳コースにエントリーしているのだから。

仕方ないので、てくてく登って行きます。100キロという距離も累積標高1200メートルも経験はあるけど、100キロで1200メートル(実質30キロで1200メートル)を登るのは初めて。ちょっとだけビビリます。

てなことで、さすがに登りではエイドも遠く感じます。しかも朝までの雨でモヤがかかっていて視界が悪いこと。

そしてなんだか腹がへってきた…。さっきのエイドでO先輩に対し「こんなにエイドがあるから、ちょっとずつ食べて痩せてやる」と、豪語していていたのから一転、チルミルを投入しようかとすら思い出しました。
こらヤバい。こんな(補給にことかかない)100キロイベントでハンガーノックなどと、あまりに情けな過ぎ!!嫌じゃ、それだけは嫌じゃ!!

那須動物王国を右にみて登り続けると、なんだかんだで3つ目のエイド。20キロ地点ですか。
…7キロしか走ってないの?


何も見えんわ。


おいでなす…。ずっとこの調子でいくつもりか!?

ハンガーノックの恐怖からバナナを3本も頂きます。だってくれるんだもの。腹一杯。

そんなこんなでO先輩到着。


驚愕、ノーマルクランク男あらわる!(僕と違ってスプロケも12-25)

エイドの度に「コンパクトにしたくなったでしょ?」と尋ねてみましたが、「機材には頼らん!!」とのこと。

…いや、でもコンパクトにしたいでしょ?あ、ヨケイナお世話ですか?

ささ、行きましょ。

!?

前方の看板のいう事には、ここはスキー場の駐車場とか。

なんかスキー場と聞くと、随分登ってきたような感じかします。

またしばらく登って行くと何やら記念撮影ポイントとか。なに?登頂ですか?
いやー、なかなかでしたな。ハハハハ。(やせ我慢)
ほうほう。写真、撮って頂こうじゃないですか。

ん?

山岳コースはまだ上があんの!?

良く良く考えてみますと、一つ短いコースの方々とここまでずーっと一緒。てことは必然的にまだまだ登るハズ…。

嫌じゃ。

しかし、神はいたのです。

すなわち、山岳コースはここから別れて更に登る予定だったものの、視界不良のためこの先の登りはキャンセルとか。
…ちょっと残念。てへっ。


一応、登頂。記念撮影ポイントですか?ここ。

本来はここで分岐するハズの山岳コースは更なる視界不良のためこの先の登りはキャンセルとか。

嬉しいのか残念なのか…。どうせならば登っておきたかったとは、、O先輩の弁。

…タフですね…。

ということで、その先のエイドは本来別のコースの方々用だったため大混雑。


がやがや。

そして、今回最大の発見!!


うなぎり!! 鰻+おにぎり。旨い、旨すぎる!!けど、まただじゃれ…。

この先しばらくは下りにつき、グループ分けして先頭固定で行くのね。スタッフのアナウンスが入ります。
そして…。

「下り切ったらコンビニのところを皆さんのコースではまた登って頂きます。コレがえげつないアップダウンの連続ですので、覚悟してください。あ、聞かない方が良かったですか?ハハハハ。じゃ、行ってらっしゃーい!!」

…えーと、「じゃ、行ってらっしゃい」じゃなーい!!(`Δ´)

どうやら、えげつないのは下の方にあるらしい。

下りは30キロ規制で集団走行ですが、あたしゃ重りがある方でして、ひとよかスピードが出ちゃう。押さえるのに苦労いたします。
また、今回はえんびぃさんを履いて来ておりまして、納輪の際に「下りではブレーキをかけっぱなしにしないように」と言われており、何しろコレが気になって仕方ない。
リムが熱い風呂程度なら大丈夫と言われてもいましたが、実際、熱い風呂ってどの位でしょうか?

いやー、別の意味で怖かった。

なんとか下りきると、またエイド。おそらくここも10キロ以内のですな。


O先輩がトイレタイムしている隙にドリンクのみを頂きました。

ここからがえげつないんですって。
あーもぅ!!

山岳コースの情報を前もって知っているかどうかは結構微妙である。
余りにえげつなくてかつ長い坂だと戦う前から戦意喪失だし、かといって全く知らずに限界を感じながらつづら折りを曲がったて、その先の果てしなさを目の当たりにすると、いわれのない怒りがこみ上げてくる。

さて今回は…。例によってガーミンさんにルートを入れておいてどのくらい登るのか確認しながら行きます。
スゴイぞガーミンさん…。アレ?なかなか登頂しないなあ、長い坂だなぁ~。ん?ここ、頂上じゃないの?てか、ガーミンさんお休み(フリーズ)中ですか?
…コラァ!!

使えないのね。

しかし、地獄のアップダウンと思われた道もむしろダウンがあるのでそんなに辛くはなかった。目指すKONAMIの保養所を横目に「イーアルカンフー」を思い出すゆとりすら有りました。
大きな会社になったナアー。

で、豪快に下ります。

どのくらい豪快かというと、下り切ってちょい登っている区間でメーターをチラ見した所、過去最高のスピードを指していてぶったまげた程に豪快でした。

で、たどり着いたら足湯が一杯!!

なんか、昔きた覚えがあるな…。

入りたい。

とか言っていると、またしてもエイド。
前回から11キロ。最早10キロ以上だと遠く感じます。


なんじゃ?この人だかりは?


そばじゃん!

そういえば、2つ前のエイドでうなぎりを頬張りながら、O先輩が「この先でそば食べたい」とだだっ子の様にのたまわっておったのはこのことかぁ。

なになに?ふむふむ?とかやっていたら後ろで「もうすぐそばは完売デース」とな?

O先輩はまだエイドに到着していない…。

仕方ない。確保しておいてしんぜよう。

…と思ったら、目前でなくなってしもた。

途方に暮れつつ、いなり寿司を食べる。


先輩、そばは諦めて下さい。

結局、O先輩はそばでなく、そうめんを食べておりました。無念…。

その間、自分的にはこんなものや


イチゴパイ

こんなもの


まんどぅー。

そしてこんなものまで


これは炎天下にはキツかったかも…。

気を取り直して先を急ぎます。(しかし、今回は気を取り直し過ぎだろう…) この後2のトンネルを越えると主な登りは終わりだそうな。
O先輩がそうおっしゃいました。

なんでそんなこと知っているんですか?

まあいいや。

そう考えるとやる気は出ないけど、がんばれそうな気がします。
人って、些細なことでやる気になったり落ち込んだりするものですな。

振り返ると結構がんばってきたような気もしますが、まだメーターは40キロ程度を指してます。
気分的には60~70キロが妥当なところかと。

これがうんざりしたかというとさにあらず。
「後60キロも走れるんだ~。ラッキー」 成長したなぁ。。。

道も下り基調でなかなか爽快です。

雨が降りそうだった事も忘れてしまいそうです…ていうか暑いよ…。

しかし、うんざりしそうになる前にエイドがあるのがスゴイ。

今回も10キロほどで次のエイドです。
むしろ、全てのエイドに寄るとリズムを崩しそうです。
ありがたいやら何やら。(別に全部に寄る必要も無いだろうに…)

ちなみにこの区間、何となく見覚えがあるなあとおもったら、BRM415宇都宮で走ったコースのようです。なるほどね。

そして次のエイドは「道の駅 明治の森黒磯」です。

…道の駅か…。


うーむ…。


きゅうり~♪


那須を全力でアピール!!

ここで80歳くらいの参加者と談笑。

「(ゴールまで)あとどのくらいですか?」と聞かれるので、40キロくらいですかねと答えると、この老人、わざわざ10キロ以上も寄り道してきたとの事。
O先輩と2人で「ああいう年のとり方したいですな」と驚愕した次第です。

ここではキュウリをいただきますが、どうも最後尾付近を走っているらしく、先ほどのそばの件といいどうやらエイドの物資が品薄になっている模様。

こらアカンぞね!!

目的の満腹ミニグルメブルベの予定が(いつの間に?)台無しになってしまう!!

つー事で再出発です。
で、暫く行くと先発の先ほどのご老人に「ファイトデース」と声をかけながらパスさせていただきますが、その先はそれなりの上り坂…。

まあ、いいんだけども、さっきもう登りは無いと聞いていたのでゲンナリしてしまいます。

人って、些細なことでやる気になったり落ち込んだりするものですな。

先ほどとは逆ですが…。

どうにかこうにか気力を保って前進します。


眺めはよかった。

しかし、道々で案内をしてくださるスタッフの方、この暑さの中、日よけも無い所で本当に大変だと思います。
熱中症にはくれぐれも気をつけていただきますよう。
沿道の方円の方々も本当にありがたいですね。
小さい子供に手を振られると、おじさん(お兄さん)、涙でそうです。

次なるグルメは何だ!?(最早…)という事で、りんどう湖ファミリー牧場に到着。


意外に初めて。


なせか城が…。民家かな?

次なるグルメはなんじゃい!!
さあ、かかってこーい、僕の胃袋は誰の挑戦でもうけるぞ!!

あ、…水しか残ってないの?あ、そうですか…。バナナは…いいや。

牧場で牛と戯れるでもなく終了…。

撤収。


売り切れ御免…。

ここのエイドでマビックのサポートカーに修理を受けている方がいらっしゃいました。どうも大事には至らずに復帰されていたようでよかった。しかし、(現場で)プロメカニックのサポートなんてそうそう受けられないと思うと、程ほどにトラブルが起きないかと、こっそり期待しておりました。

あの車の上のちゃりんことホイール、場合によっては貸してくれるのかな?いーなー。

などとくだらないことを考えつつ、O先輩と合流して再スタートです。

この先も小さなアップダウンを繰り返し、次第に左ひざがちくちくしてきました。

この所のポジション変更は100キロにも耐え難い様で、考え直しが必要そうです。

んな事を考えつつ「うらあー!」とすっ飛ばして下っていくと途中「ミュージックエイド」なる生演奏ポイントをと素通りしてしまいました。

通過する際にも生演奏して応援していただいてエンパワメントを受けます。

暑い中ご苦労様。
しかし、既にこのエイドに他の参加者はおらず、例え立ち寄ったとして、「お一人様限定ライブ」に参加してしまうことを想像するに、自分の性格からしてとても耐えられない(いたたまれない)状況になっていたものと思われます。

次回はもう少し余裕を持って望み、他の参加者とシェアさせていただきたく、その場を通り過ぎました。(演奏してくれた方、本当にありがとう)

ここを過ぎた辺りから、若干天候が怪しくなり始め、飴がぽつぽつと降ってきました。

交差点でスタッフの方に「後何キロですか?」と伺うと「10キロくらいですよー」との事。
本降りになる前にはゴールできるかなー。

で、次なるエイド「道の駅東山道伊王野」88キロ地点とか。


………。


空いてる…。

ん?88キロ?さっきの交差点であと10キロって。100キロきっかりの行程としてもあと12キロ…。2キロ違うじゃん!(誤差だろ!)

でもって補給物資は…最早お片づけの最中!!

無理やりカキ氷をいただきますが、シロップはメロンのみ。
選択肢は無いのね・・・。

出発前にスタッフの方から「最後のエイドです。頑張ってください」とのお言葉。

今度こそあと10キロくらいでしょうか。

さて、気合を入れて出発…。

あれ?

3キロくらいでしょうか、伊王野のエイドを出て程近くの公民館らしき所に地図に無いエイドが…。

私設エイドにしてはテントまで張ってあります。

SAS10て書いてあるし…。

で、寄ってみると、テント撤収中…。


撤収ちう。

「あのー、撤収ですか?」と聞くとスンゴイ勢いで「そんなことないよ!ジュース飲む?」とアクエリアスをいただきます。

撤収中だったんだな…。やっぱり…。

しばし談笑。
O先輩も「あのエイドの近さは尋常じゃない。何を狙っているのだろう?(笑)」といぶかりつつもツボだった様子。

皆さんありがとうございました。

O先輩によると、後続は一桁だろうとの事。(なんで知ってるの?)

最後をテクテク走ってゴールです。



ゴールの際に場内アナウンスで「なんかやれ」とのご指示だったので、とりあえずガッツポーズしときました。雄叫びもあげましたよ~。

ゴール後はアンケートに答えて、アルパカを撮影。

那須はアルパカ推し。

最大の楽しみ、ノンアルコールビールを貰いにいくと…。
あ、水槽から水抜いてる…。
もう…ないのね…。

その後、O先輩とB級グルメを頂きつつ抽選会に参加しますが、一向に当たる気配は無く、帰宅ラッシュうに巻き込まれる前に退散しました。

しかし、抽選会に出ない方がとても多く、MCの方はちょっと困り気味。
この辺りはなんか寂しい感じでした。

しかし、総じて楽しいイベントでしたね。

次回O先輩はコンパクトクランクに換装しているのだろうか?
ちょっと、つらそうでしたが、アレだけの山岳コースをノーマルセットで、しかも重そうなホイールで完走したことは驚愕に値します。
練習してないのに。

来年はブルベにご招待したのですが、頑なに拒否のご様子。来年までにどうなるかなぁー。


皆さんお疲れ様♪
スポンサーサイト

 | ホーム |  »

プロフィール

まあさんず

Author:まあさんず
クロモリロードバイク(実はニバクロム) CASATI LASERでどっかいく・・・とか。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。