大人って・・・。 CASATI & STORCK で自転車生活

大人の趣味、自転車生活を中心に、あーでもないこーでもないとやっております。

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

suew fast cruse 実戦投入ッス。

今回DNFはいたしましたが、400キロブルベでsuew fast cruse(β)を初投入。

到着後に通勤で一度使っただけで実戦投入したのでちょっと不安でしたが、ざざ降り+極寒というタフコンディションにつき、テストには最適だったと思います(ヤケ)。


およそこんな感じ。

とりあえず防水とはいえ、白い生地に泥ハネはあまりに酷だと思い何かと重宝しているモンベル製20リットルザック用レインカバーを持参。
これを下から取り付けることで下部及び側面をカバー。
上部はむき出しにつき防水的にどうかはわかりませんが、とりあえず泥ヨケ命で。
この形状はバッグ自体が泥除けになりますものね。


た~らこ~、た~らこ~♪

シーム部分からの浸水はそもそも内部のパッキングで対応しておりましたのでそれほど問題ではないのですが、結果的に浸水はしておりませんでした。

外装のキーケースも「防水じゃないよ」と言われておりましたが、止水ファスナーのおかげか浸水しておりませんでした。

ただ、次回からは鍵についたキーホルダーははずしていこうと思います(さすがにかさばる。入るけど)

レインカバーも取り付けに工夫が必要(ややもするとカバーがずれてタイヤに擦ってしまう)だけどこれはどうにかなりそうなので今後も採用決定。 (上の画像は対策済み仕様)

肝心の収納ですが、11リットルといえども自分の場合必ずしも「大きすぎる」ということは無いようで、注文当初は「αでも良かったかな?」と思いましたが、むしろαでは不足だったと思います。
若干装備が特殊なので・・・。

以下が今回積んでいったモノ。


多い様な少ない様な…。

チューブラータイヤ
(スペアタイヤ これがデカイ。「チューブラーバッグタタミ」して一番奥につめると形的にちょうどよろし)


チューブラーたたみ。

レザイン マイクロフロアドライブ
(携帯ポンプ 30センチ長 チューブラーの高圧にこいつは必須だが、そこそこデカイ)

SOL Emergency Bivvy
(寝袋タイプのレスキューシート)

モンベル ストームクルーザー XXL 上下
(サイズがXXLサイズは値段も収納サイズも通常よりデカイ!)

シールスキンL ロング
(防水ソックス これも普通の靴下3足分くらいのボリューム)

ブレスサーモ 極寒用
(アンダーの替え DNF後のコンビ二居留で使用 DNFした場合の着替えは特に寒い時期には考えておかねばならないと思った)

メッシュポケットにナンバーロックとチップトップ(手洗い用接着剤?)、薬剤類 バンジーコードにオーバーグローブとインナーグローブ、前述のレインカバーは折りたたんで収納できるのでストラップにぶら下げていった。


たたむと握りこぶしよりも小さい感じ。

ちなみに中のパッキングはストラップで固定するんですけど、このストラップもホワイト。ステッチは赤と合わせていただきました。


分かりにくい写真だな。

これだけ詰めて7~8分といったところ。
まだ工具類を詰めるくらいの余裕はあったのだが、これをやると重くなり、ダンシングのリズムが狂う(できないわけではない)ことを通勤で確認していたのでおとなしく1リットルツールボトルに入れていったのですな。

ただ、夏場など、ダブルボトル仕様を考えた場合、どうなるかは要検討。

まあ、夏場になれば薄着になるだろうからそもそも荷物が減るかな?
まあ、ボトルが1リットル仕様になったことだし、やりようはあると思う。

チューブラータイヤ仕様に伴う携行品と自分のデカさ、他のバッグ類や3ボトル化が嫌な事がαでは心もとない理由だと思う。

固定力に関しても申し分ないようで、今回の装備で平地巡行はもとより登りや下り、ダンシング時に振れたり太ももに当たって気になったりということは皆無。
そりゃ無理にももを搾って乗れば当然当たるが、それにしたって自分の太ももは細めの女性のウエストくらいはあるのである。まったく問題は無いといえる。

シートポスト部のベルクロが内装できることはHPにも記載があるが、固定のために前方に引っ張るストラップもまた収納できるので、これらがばたつくことも無い。

とりあえず、今回のブルベで使用してみて、バッグについて困ったことはほぼ無かった。
ほぼなのだからなんかあるんだなという天邪鬼な方、その通りです。
あばたもえくぼで怪我をするのは結婚と一緒。(なんのこっちゃ)
いくつか気になった事があります。
しかし、それらは宿命みたいなもので改善は難しいかと。まぁ、これから購入を考える方は知っておいた方がいいかもしれません。

まずパッキング。
ストラップを強く締めることで固定力を高めているので、よほどうまいこと中身を詰めないとどうしても若干形がゆがみます。
それに伴いバックルが壊れやしないかと心配になる(笑)

次に、αの場合はわからないのですが、少なくともβの場合、乗降の際にいつもより足を大きく上げないと引っかかります。(足が短いとか言わないのッ!)すなわち極限まで疲れているときはコケそうになります。

最後が一番厄介ですが、ミニマムな量の荷物の場合、たとえば詰めておいたレインウェアを使用するために引っ張りだすと、その分スカスカになるので最悪固定できなくなります。

これを解消するには常にミニマム以上の荷物を詰めるか、荷物を取り出した後に詰められる別の荷物を別途携行する必要があります。

最初の2つは正直、個人的にはどうでもいいレベル(コケるのはイヤだけど(笑))
最後の部分も例えば自販機で買ったペットボトルを使うとか、現地でお土産を調達するとかで何とでもなるんですけど、自分の場合は敢えて輪行袋(パンダーニ)をバックポケットに入れて対応しました(最悪ツールボトルを入れてもいいし)。


パンダーニ。バックポケットサイズなり。

ということで総評。

とってもいいです。

問題部分が大きな問題になるような方は長距離をものすごく速く走って荷物を持たないことをお勧めいたします。

そうそう、輪行用のショルダーストラップが届いたら、無駄にDNFして輪行してみようとか思います(ウソだろ?)
スポンサーサイト

 | ホーム |  »

プロフィール

まあさんず

Author:まあさんず
クロモリロードバイク(実はニバクロム) CASATI LASERでどっかいく・・・とか。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。