大人って・・・。 CASATI & STORCK で自転車生活

大人の趣味、自転車生活を中心に、あーでもないこーでもないとやっております。

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリンチャー(購入)大作戦

もしも本ブログをそれなりに(どれなりに?)読んでいらっしゃる方がいらっしゃればお分かりであろうが(いるかそんな暇なヒト)、主は物欲の塊である。

あれが欲しいこれが欲しいとやっておるわけで、このブログはその賜物であるとすらいえるのではなかろうか。

というわけで今もってあれもこれも欲しいのである。

で、今欲しいものは「ホイール」である。
良いホイールである。

「良い」の定義はいろいろであろうが、そんな抽象的なハナシはどうでもいい(というかそんなに違いを理解できない)。
軽くて丈夫で良く回って良く止まって経済的なホイールが欲しい。

そんなものがあるならだれも悩んでないと?
そりゃそうだ。

現在の手持ちホイールはそりゃね、分不相応な物ばかりでございますよ。
両方とも手組。

片方は北の女王。もう一つはカーボンディープ。
そして両方ともチューブラー…。

ンだがしかし、その使用目的は主にブルべ…。
どうなんだろうこれは…。

いやね、ネメシスさんはその「かかり」の部分でスンバらしいんですよ。
ちょっと踏んでビヨ~ンと加速するのはとても気持ちがよろしい。
20センチの段差から落ちてもびくともしない。

えんびぃさんはとりあえず軽いし良く回る。巡航速度が決して速いわけではないのでその部分の恩恵についてはアレだが、惰性での回りっぷりとデロデロになっているときの登りは比較対象がネメシスさんだからかどうか不明だがギア1枚以上軽く感じます。

しかして、ネメシスさんは重いし、えんびぃさんは雨天時に死んでしまう。

比較材料がこの2択というのはアレと言えばアレ(ドレ?)だが、ここにきて両者が更に致命的な欠点をさらすようになってきた。

つまり…「チューブラーは不経済だ」という事である。
端的に言えば「タイヤたけーよ!!」

「いまさらそこかよ!」とも思うが、もうね、これはイカンですよ。
チューブラーとクリンチャー、同格のタイヤの値段を比較してみると良くわかる。

わかりやすくコレで比較しましょうかコンチのGP4000。

この子はチューブラーもクリンチャーもラインナップされてます。
定価を比較するのもアレなので、消耗品らしく(?)wiggle価格で見てみますよ。実践的でしょ?

価格は1月末のものです。

まずTu 9291円 …うーむ。値上がりしてるな。
知りうる限りの最高値です。

で、Cl 8196円 …思ったほど違わないとな? 
いやコレ、2本セットの価格ですから!!! 要するに半額です。半額!

これだけが問題ではありませんよ。

同じ銘柄のタイヤだったら同じ位の性能だと思いますか? フフフ、幸せなお方ですな。

クリンチャータイヤを使ったことの無いお前が性能を語るかとな?
ま、そりゃそうなのですが…。
ただですね、コンチGP4000と言えばうわさに聞くロングライフタイヤ。

5000キロ以上とかという話もちらほら聞きますが、店長曰く「まぁ4000キロ位は」と。
なるほどね。

しかし、それは単にClのばやい。
Tuに関しては2000キロ前後が関の山なのは身を以て体験済みなのである。(だからデュラノなんか使ってる。
シュワルベは個人的に相性がよろしい)

期間にしてだいたい4か月持てばという感じ。
するってーと年に2回はタイヤ交換する計算だぞな!
同じペースでClなら1回の交換。
しかもローテーションも容易。
すなわち値段は倍で寿命は半分…。

実質3倍の差という事になる。
確かにパンクリスクやパンク修理という部分ではTuの方が楽だが、ブルべで万が一の時に使用率の低いTuでは「パッチめぐんでくだせえ」とかはできません。

「どうですか奥さん?長い目で見たらClホイールにした方が安上がりですよ!」

と、いうようなことをプレゼンの材料にしつつ新しくClホイール購入の許可を家族に得ようという魂胆なのだが…どう思います?

甘いかな…。
スポンサーサイト

 | ホーム |  »

プロフィール

まあさんず

Author:まあさんず
クロモリロードバイク(実はニバクロム) CASATI LASERでどっかいく・・・とか。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。