大人って・・・。 CASATI & STORCK で自転車生活

大人の趣味、自転車生活を中心に、あーでもないこーでもないとやっております。

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

k-edge ガーミンマウント。

毎度毎度のカラーコードです。

まあ、勝手なコードですので破った所で問題ないし、所々妥協しているところもありますけど。

じてこは鉄。
なにを今更という感じですが、主流のカーボンでないからには、むしろそういったちまちました部分にこだわりたいと思うのであります。
やっぱり、フレームがシンプルなカラーリングだからこそパーツの配色はちょっとした所が致命的になってバランスを崩す訳です。

例を挙げると、エッグビーターのキャップ。元々は赤いものがついていました。赤はホワイト、シルバーの次に取り入れ可能としてきたのだが、これが横から見たときに嫌に目に付いて、ちょっと下品。
暫く様子を見ていたんだけどやっぱり下品。

これを基本使わないことにしていた黒にしてみた所、何となくおさまりが良かった。

あわよくばホワイトで塗っちゃってもいいかと思ったのだが、おそらく、ペダルボディーのシルバーが少しいぶした色なので明るい色は浮いてしまうと思われる。
よって当分このままとした。これだけで600円位散財。

また、リムが黒くなるにあたってブレーキのフネをTRP製のかっちょ良い赤にしてみた。(ちなみに、リムは黒ならタイヤと同化するので問題ない)
しかしこれも同様の理由によりアルテSLのグレーにした。
アテナ純正はシルバーだが、リムが黒いと浮いてしまう。
かといって真っ黒だとそれはそれで真っ黒ではないネメシスのアルマイトやカーボンカラーではやっぱりちょっと浮く。
試してみた所アルテSLのグレーがちょうどいい。
ちなみにブレーキがシマニョーロになる訳だが、これは現場でのシュー交換を考えると必然の選択でないかしら?

だいぶハナシが逸れたが、要するに今回はガーミンのマウントである。

5250円也。
たけー!

これまでは純正を除くとマウントはバーフライ位しかなかった(んじゃないかな?)。

純正もバーフライも黒い。ハンドル周りに極力黒は使わないので以前にも紹介したコレを使っていました。


シリコン製。名前は忘れた。


わかりづらいけどこんな感じ。


コレは分かりやすい。性能上の問題点はほとんど無い。

シリコン製で外れる事も無かったのだが、悪路の振動には滅法弱くて、ブルブル行ってて読み取れたものではない。
まあ、純正でも読み取れるかは甚だ疑問だが。

で、k-edgeからガーミンマウントが出たというハナシを聞きましてん。
しかもカラーが赤、黒、灰色の3色。

k-edgeだからクオリティーは大丈夫だろうし、あのステムの前方にスマートにサイコンが鎮座した感じはとてもかっこええ。
何より挿し色の赤がラインナップしている。。。

おそらくしばし待てばチェーンキャッチャーのときのように白も出るように思うが赤でもいいのではないかなーと。

赤は使いすぎるとクドくなるのは前述のように実証済み。
しかして今回は・・・。


こんな感じで…。


ガーミンとハンドルの青はみないことにする。

赤の発色もよく、結構いい感じではないだろうか。

なかなか満足。

駄目だったら例によって塗っちゃおうとも思ったけど、当分これでいいや。

そのうち白が出たら・・・。

また買います。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://masanz.blog.fc2.com/tb.php/93-962e9d07

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【k-edge ガーミンマウ】

毎度毎度のカラーコードです。まあ、勝手なコードですので破った所で問題ないし、所々妥協しているところ

 | ホーム | 

プロフィール

まあさんず

Author:まあさんず
クロモリロードバイク(実はニバクロム) CASATI LASERでどっかいく・・・とか。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。